アキュフェーズE-270 とデノンDCD-2500NEでJBL4312SEを鳴らす

サブシステムとして、子供の部屋に設置。

画像


画像


画像


画像


Soundgenicについては、HDL-RA2HFの2TBのHDDですが、SSDも所有しているので後日記事にします。

画像


アンプについてはデノンPMA-2500NEと比較視聴しましたが、音の細かさやバランスの良さはさすがにアキュフェーズに武がありこちらに決めました。

CDプレーヤーについてはアキュフェーズさんも検討したのですが、金額の面でちょっと、そこまでするかーと思い、またデノンのDCD-1600NEと比較試聴した結果2500NEの方が細かい音まで繊細なのでこちらに決めました。

画像


画像


スタンドは偶然 一つ前の純正の新品未開封があり、かなり安く購入しました。

オーディオボードは4344用の御影石を流用しました。
画像


電源はフルテックコンセント(もちろんプレートをつけて)

画像画像







オーディオラックも検討したのですが、足元が固まっているのでこのような市販品のテレビラックでも充分でした。

現在リビング(14畳)でJBL4344で鳴らしていて、迫力の面ではさすがに劣りますが、 4312SEはバランスがとても良いです。

4344(ボイシングイコライザーでフラットにしても)でも出なかった音が、4312SEではきれいにバランスよく、ほんとバランスよく流れてきます。

4344は昔のスピーカーなので 4312SEと比べ本質は違いますが、気持ちよく聴かせてくれるスピーカーでした。

ちなみに、息子の部屋8畳ですが、もうちょっと広くても大丈夫ですね。

おっと、それから、Soundgenic接続するためにアキュフェーズのDAC-50を背面に取り付けて鳴らしてみたら音が出ない(涙)

アキュフェーズさんに電話して家に来て確認してもらったら、機器内部の接続不良とのことで新しいのと交換になりました。

その時もらったのはこれ↓

画像




又は

https://www.youtube.com/watch?v=gB0rXHtiEzc&feature=share

ちなみに、リビングのJBL 4344 ↓

https://f-110ta-toru.at.webry.info/201902/article_1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック